top

目的はひとつ。強い競走馬を創り上げたい

 日本で生産される競走馬の8割が北海道日高地方で産声をあげます。それらの過半数は小規模経営農家よって生産され、育成段階調教が満足に行えないのが現状です。
日高軽種馬育成公社は、これら十分な放牧地を確保できない農家の実情を補うため1972年に設置され、開場以来、重賞勝ち鞍60以上の実績を誇っています。
同センターでは調教に必要な施設を完備し、優れた育成技術を活用して、調和のとれた馬の発育促すとともに、その能力を余すところなくレースで発揮できるよう、基礎体力作りに努め、有能馬を作ることによって生産農家の経営安定に力を尽くしています。
皆様のご利用をお待ちしております。

遠景1

育成事業概要

  • 用地面積 : 115ヘクタール
  • 馬房数 : 200馬房 (20馬房×10厩舎)
  • 預託馬の条件 : 競走の用に供することを目的として生産された馬
  • 利用方法 : 生産農家より生後6か月以降の仔馬を受け入れ育成する
  • 保険加入 : 預託馬は保険に加入することを条件とする

 

管理機構

  • 名称 : 有限会社日高軽種馬共同育成公社
  • 位置 : 北海道新冠郡新冠町字節婦71番地の4
  • 構成 : 新冠町、新冠町農業協同組合、生産者
  • 資本金 : 9,780万円 

    当公社は、平成25年12月9日臨時株主総会を開催して、平成26年3月1日より資本金の額を2,445万円減少し9,780万円とすることにいたしましたので公告致します。

    上記内容は、平成25年12月26日付の官報「掲載頁31頁(第6200号)」にて公告済みです。

    以上 会社法の規定により公告いたします。

                      平成26年1月27日  有限会社日高軽種馬共同育成公社

  • 電話番号 : 0146-47-2281
  • FAX : 0146-47-3499
  • E-MAIL : ikuseikousya2281@plum.plala.or.jp
遠景2